SSブログ

fictive kin 「家族同然となった人」 [辞書に載っていない表現]

前回 single parent について引用した記述で fictive kin という言葉が目にとまった。直訳すれば「架空の親族」「創り出した血縁関係」となるが、特に説明なく書かれていることから決まった言い方ではないかと思えてくる。

その部分をもう一度引用してみよう。fictive は fiction と関係があるが、fictitious ほど目にする形容詞とはいえないだろう。

- Many seek assistance through living with another adult, perhaps a relative, fictive kin, or significant other, and divorced mothers who re-marry have fewer financial struggles than unmarried single mothers, who cannot work for longer periods of time without shirking their child-caring responsibilities.
http://en.wikipedia.org/wiki/Single_parent

手持ちの辞書をみたが、見出し・成句・用例いずれも載せているものはなかった。続いてオンラインの辞書で調べたら、 一部に記載があった。

- someone who, though unrelated by birth or marriage, has such a close emotional relationship with another that they may be considered part of the family
(Wiktionary)

- people who are regarded as being part of a family even though they are not related by either blood or marriage bonds. Fictive kinship may bind people together in ties of affection, concern, obligation, and responsibility.
(Mosby's Medical Dictionary)

血縁や婚姻関係はないものの、家族と同等に扱われる関係を指すようだ。「育ての親」や「養子縁組」などが頭に浮かぶ。

Wikipedia には、fictive kinship として以下のような記述があった。人類学・民族学で使われる言葉ということなので、定訳があるのではと思うが、ちょっと検索した範囲では見つからなかった。ご存知の方がいらしたら教えていただければ幸いである。

- Fictive kinship is a term used by anthropologists and ethnographers to describe forms of kinship or social ties that are based on neither consanguinal (blood ties) nor affinal ('by marriage') ties, in contrast to true kinship ties.
(中略)

Types of relations often described by anthropologists as fictive kinship include compadrazgo relations, foster care, common membership in a unilineal descent group, and legal adoption.
(中略)

Adoption and foster care have always been grouped into the fictive kinship category, in cases where the child shares no genetic relatedness to the caregivers. The children are normally treated as one’s biological kin, receiving a lot of parental investment despite not having family ties.
http://en.wikipedia.org/wiki/Fictive_kinship

ここに出てくる compadrazgo は初めて目にした言葉で、ラテンアメリカなどのカトリック教徒にある擬制的な親子関係のことだという。
http://kotobank.jp/word/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%82%B4

ということで、今回は学術的色あいが濃く、門外漢の私にはこれ以上詳しいことはわからないのが残念だが、こうした言葉があると知っただけでも得るところがあったと考えることにしよう。

なお kin といえば、シェイクスピアの「ハムレット」に出てくる a little more than kin, and less than kind という言葉に以前ちょっと触れたことがある

ついでに家族・親族関連の単語といえば、relative は必ずしも「親類」という訳が適切とは限らないことについて以前書いたので、これも参考までにあげておきたい。

参考記事:
・「ハムレット」の名セリフの訳
http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/2007-06-23
・relative は「親類」か?
http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/2007-11-18

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村← 参加中です
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...