So-net無料ブログ作成

私流「英語学習ノート」のつくり方と利用法 [英語学習]

新学期・新年度の時期なので、英語学習の参考にしていただければと、自分なりに工夫し実践していた学習ノートづくりと、その活用の仕方について紹介したい。

あくまで自分で考えたもので、同じような方法がどこか他で語られていたとしても偶然であることをまずお断りしておきたい(と書くほどたいそうな方法ではないが)。

私は物覚えが悪いので、英語について知ったことはなるべくノートに書き留めるようにしていた。後にカードも試した。ノートと違ってグループ分けや順番の組み替えが自由という利点がある一方、カードは増えるとかさばるのが難点だった。

パソコンを使うようになってからは、紙の代わりにテキストファイルに切り替えてメモを続けた。そしてある時、これをノートとカードの双方の特徴を兼ね備えた形で利用することを思いついた。

「ノート」づくり自体は単純である。英語について学んだこと、覚えたいこと、気になっていることなど、もろもろを文書ファイルに書いていくだけだ。

単語、イディオム、注意すべき文法事項、文化・背景知識、英語にかかわるトリビア、内容はなんでもいい。つぎつぎに新しい項目として書き足していく。

デジタル媒体だと、加筆修正がかんたんなのがありがたい。また、関係のある記事や音声・映像のサイトのURLを書いておけば、そこに飛んで参照できるのも紙のノートにない利点だ。

ワープロや表計算のソフトでもいいが、フォントやセル、レイアウトなどを気にする必要がない、プレーンなテキスト形式が結局は使いやすいと思う(もちろん、テキストファイルでなければダメというつもりはない)。

そして、ファイルがある程度のサイズになったり、一定の時間が経ったりした頃合いを見計らって、内容をコピー・アンド・ペーストして別のファイルを作る形で、学習に利用する。

具体的にどうするかというと、ファイルを頭から読み直して復習し、身についてないと思った項目だけをコピペして別のファイルをつくる。

新たに作ったファイルはさらに一定期間後に再度見直し、いぜんとして覚えていない項目をコピペし3番目のファイルをつくる(あるいは、もう一度最初に作った親ファイルからやり直してもいい)。こうした、親ファイルの読み直し→コピペして子ファイル作成、を繰り返すことで、記憶の定着を確かなものにできる。

また、何かのテーマを設け、親ファイルから該当する項目をコピペしてそのテーマに絞った子ファイルを作ってもいい。テーマは例えば、「おもしろいと思ったイディオム」「和文英訳」「日本文化を説明する英語」「仕事でよく使う語彙・表現」「英語講座で覚えた単語」、など、自分の必要や興味に応じて好きなように設定する。このテーマ別の子ファイルを元に前述のコピペ学習で復習するのもいいだろう。

最初につくる親ファイルは、長大になったら親ファイル2、というように新規に増やしたり、あるいは最初から前述のようにテーマごとに複数作ったりしてもかまわない。また、「2012年の学習記録」「2013年のファイルその1」のように、期間ごとに作ってもいい。

いずれにせよ、親ファイルは、記述を追加したり訂正したりする以外は改変せずそのまま保存しておくようにする。用済みになったら削除していいのはコピペして作る子ファイルの方である。

この方法の欠点は、パソコンでつくるファイルなので外に持ち出しずらいことで、私は不要になったコピーの裏紙に適当な分量をプリントアウトして持ち歩いていたが、今はタブレットなどモバイル端末を利用すればこうした欠点は解消され、問題はないだろう。

私がこの方法を思いついたのは、もう20年近く前、パソコンが普及し始め、自分でも初めて購入して少し経った頃だった。パソコン(IBM ThinkPad 220 という元祖モバイルPC)をいじること、またVzエディタという、今はなきMS-DOSの名作ソフトで文書を書くことが楽しく、それが当時の英語学習意欲とうまくかみあって相乗効果をあげたのだろう。

「親ファイルは保存」と先に書いたが、私自身は、その後パソコンを何台も買い替え、その間ハードディスクがクラッシュしたり間違ってファイルを消去したりと、当時の学習ファイルは残っていない。そして飽きっぽい私なので、こうした学習もいつしかめんどうになり、やらなくなって久しい。

というわけで、効果のほどは保証できないが、これでけっこう英語の力がアップしたのではと感じているのも確かだ(錯覚か?)。学習法は人によって、また段階によって異なって当然だが、何らかの参考になれば幸いである。

nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 3

Kawada

Tempus fugit様
Tempus fugit様のブログを拝見させていただいております。
ここで書くべきことではないかもしれませんが、私なりにブログを始めました。
お時間がございましたらで構いませんので、是非「お立ち寄り」ください。
ちなみに、knightgで検索すると、出て参ります。
よろしくお願いします。
では失礼します。
またlively discussion ができることを楽しみにしております。
by Kawada (2016-03-30 09:21) 

tempus fugit

Kawadaさん、ブログ拝見しました。コメントはできない形になっていましたので、こちらでお伝えいたします。社会人になるとなかなか自分の時間が取れなくなると思いますが、あせらず、しかし着実に、学習の成果を蓄積していってください。楽しみにしております。
by tempus fugit (2016-03-31 00:39) 

Kawada

Tempus fugit様
設定を変更しましたので、コメントいただけるようになりました。
by Kawada (2016-03-31 13:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村← 参加中です
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...