SSブログ

ajar と jar 「相容れない」「揺さぶる、かき乱す」 [単語・表現]

前回は「ドアが半開きの」を意味する ajar を取り上げたが、この単語には、「調和しないで」「相容れないで」 out of harmony, not in harmony という意味もあり、短く書いておくことにする。

窓がぴたりと閉まっていないから調和しない、ということではなく、同じ綴りだが由来が異なる別の言葉のようだ。辞書には16世紀にさかのぼるという情報とともに、次のように書かれていた。

- 1553. at jar 「不和で」に相当
(ランダムハウス英和大辞典)

ajar with the facts 「事実と食い違って」、set nerves ajar 「神経をいらだたせる」という用例を載せている英和辞典もあった。しかし英語圏の辞書には、 archaic と注記していたり、そもそも記載すらしていなかったりするものもあるので、あまり目にすることはない単語と考えてもよさそうだ。

元になった jar は、「ギーギーときしる(きしらせる)」「ガタガタと揺れる」「(感情などを)乱す、揺さぶる」「(神経などに)さわる(on)」「(言動などが)食い違う」「調和を欠く」という自動詞・他動詞(およびこうした意味の名詞)で、擬音語とある。

- Her squeaky voice jars unpleasantly on the ear.
- His violin playing jars with the rest of the orchestra.
(ジーニアス英和大辞典)

- The window jarred in the frame.
- His account jars with the facts.
- The burglary violently jarred their sense of security.
(ランダムハウス英和大辞典)

私は形容詞の jarring 「耳障りな」を先に覚えていたが、これを使って ajar を in a jarring state と説明している辞書もあった。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村← 参加中です
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...