So-net無料ブログ作成

広い範囲で雪 (swath) [ニュースと英語]

日本では週末にかけて各地で雪となった。欧米では先月から大雪のニュースが伝えられている。そうした英文記事でよく目にするのが a swath of... という表現である。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

トランプ大統領の shtick 「得意芸」「十八番(おはこ)」とは? [アメリカ政治]

トランプが就任して2年が経った。従来の”アメリカ合衆国大統領”のイメージを壊したにとどまらず、世界に数々の混乱をもたらしたことは否定できまい。一方、私は彼のおかげ(?)で覚えた単語がいくつかあり、英語学習の面では感謝すべきなのか、奇妙な気持ちになってくる。そんな単語のひとつが shtick である。

続きを読む


タグ:トランプ
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

opportunistic は「日和見」という訳でいいのか? [注意したい単語・意外な意味]

先週BBCのサイトを眺めていたら、トップページに載っている別々の記事の両方に「opportunistic な殺害」という表現が使われていた。まったくの偶然でおもしろいと思ったが、そのついでにこの単語について改めて考えてみた。

続きを読む


タグ:辞書
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

vote with one's wallet 「買うか買わないかによって好き嫌いを示す」 [ニュースと英語]

英誌「エコノミスト」の最新号をパラパラめくっていたら、「アップルにとっての悪い知らせは人間社会にとって良い知らせ」という面白いタイトルが目にとまった。その記事から vote with one's wallet という表現をメモしておこう。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

「2018年の英単語」に選ばれたのは、やはりトランプ関係の言葉だった (tender-age shelter) [Word of the Year]

年末年始は公私ともに予想外に慌ただしく、久しぶりの更新である。毎年、いろいろな団体が Word of the Year を選んでいるが、このうち America Dialect Society は年明けに選定を行う。先日発表された「2018年の単語」は tender-age shelter だった。

続きを読む


タグ:トランプ
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

ケータイがないと落ち着かない!~ nomophobia 「携帯依存症」 [Word of the Year]

英誌 The Economist が "Johnson" というタイトルで英語についてのコラムを設けていることは前に触れたことがあるが(→こちら)、最近の回では Word of the Year 「今年の言葉」の選定をネタにしていた。その中に nomophobia という見慣れない単語があったので、取り上げてみよう。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

ネイティブにとっても使い方がメンドウな単語 fulsome [注意したい単語・意外な意味]

トランプ政権にとっての地雷であるロシア疑惑の捜査が大詰めを迎えていることもあってか、米英メディアのサイトには関連の記事が目立つ。そのひとつで目にとまった fulsome という形容詞について書いてみたい。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

皮肉や反語の thank you(トランプ、GMの国内事業縮小に怒る) [注意したい単語・意外な意味]

自動車メーカーGMがアメリカ国内での生産削減を決めたことに対して、トランプ大統領が「もう補助金は出さない」と息まいている。その怒りのツイートを材料に thank について短く書いてみたい。

続きを読む


タグ:トランプ
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

驚愕!びっくりマーク乱発のトランプ大統領の声明 (exclamation-point-filled statement) [アメリカ政治]

サウジアラビアとの関係についてトランプ大統領がこのほど声明を出したが、まるでお得意のツイートを連想させるような書き方をした部分もあって、これが公式の文書かと驚いた、というより異様な感じすら受けた。

続きを読む


タグ:トランプ
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

Luddite 「技術革新に背を向ける人」 (PCを使わないサイバー担当相、海外でも話題に) [日本のニュース]

テレビを見ていたら、サイバー法案担当を兼務する桜田オリンピック担当相が「パソコンは使ったことがない」と述べたうえ、USBが何のことか知らないとみられる答弁をしたことが海外でも報じられている、と伝えていた。

そこでインターネットをのぞくと、なるほど英米のマスメディアが取り上げている。その記事のひとつから、Luddite という単語を取り上げよう。

続きを読む


nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:資格・学び

swing 「(政治家の)あわただしい遊説行脚」 [ニュースと英語]

前回取り上げた whistle-stop campaign [tour] から swing という単語を連想したので、ついでに触れておきたい。短期間にあちこちを回る周遊旅行のことだが、政治家の遊説によく使われるようだ。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

whistle-stop campaign 「地方遊説」 (アメリカ中間選挙、投票日を迎える) [アメリカ政治]

アメリカはいよいよ中間選挙の投票日を迎えたが、トランプ大統領は直前まで地方での遊説に力を入れて共和党への支持を訴えた。これに関連して、whistle-stop という表現を取り上げてみよう。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

soul food は「ソウルフード」と同じなのか、それとも違うのか [注意したい単語・意外な意味]

「ソウルフード」というカタカナ語がある。先日ある会合に出たら、参加した英語のネイティブスピーカーに対して soul food を使った日本人がいて、そのやり取りをきっかけに考えたことがあるので、以下書いてみたい。

続きを読む


タグ:カタカナ語
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:資格・学び

selficide ~自撮り中の事故死にご注意! [辞書に載っていない表現]

この連休に英文のサイトを眺めていたら、selfie 「自撮り」が原因で起きた事故死をめぐる統計調査の記事があった。その中に selficide という造語が出てきたので取り上げてみよう。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

You're not alone. ~元の日本語より英文の方が出来がいいと思ったポスター [単語・表現]

前回取り上げた表現 written in the stars は、駅で手にして積ん読のままだった英語のフリーペーパーで目にしたものだが、今回も駅で拾った英語について短く書いてみたい。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

written in the star「星のさだめ」「運命づけられている」 [単語・表現]

東京についての情報をのせた英語のフリーマガジン TimeOut Tokyo はいつぞや取り上げことがあるが(→こちら)、この夏に出た号をパラパラめくって眺めていたら、written in the stars というイディオムをうまく使ったタイトルが目に留まったので、メモしておきたい。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

My ears are burning. ~英語で噂をするとクシャミではなく耳がほてる [英語文化のトリビア]

溜まっていた録画をこの週末に見たが、そのひとつ、お笑いクイズ番組「チコちゃんに叱られる!」で、「くしゃみをすると『誰かに噂されている』っていうのはなぜ?」という出題があった。

確か英語にも「誰かが噂をしている」に当たる表現があったはずだが、思い出せない。ちゃんと学んでいなかったわけで、チコちゃんに「ボーっと生きてんじゃねえよ!」と叱られそうだ。

続きを読む


nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:資格・学び

大坂なおみ選手の「ごめんなさい」は本当に誤訳なのか? [翻訳・誤訳]

テニスの全米オープン決勝について前々回取り上げたが、勝った大坂なおみ選手が表彰式で「こんな結果になってごめんなさい」と言ったと報じられていることについて、「謝罪はしておらず、誤訳だ」という指摘が出ている。本当にそうだろうか。

続きを読む


nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:資格・学び

a tsunami of... 「怒涛の」「津波のように押し寄せる」 [英語になった日本語]

全米オープンでのセリーナ・ウィリアムズ選手について前回取り上げた meltdown は、日本では「炉心溶融、メルトダウン」の方で知られるはずだが、その原発事故をひき起こした tsunami はすでに英語になっている。そして、「津波」とは違う意味でも使われるようになっている。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

meltdown ~ セリーナ・ウィリアムズ選手がブチ切れる [ニュースと英語]

先週末からアメリカを賑わせた話題のうち、前回取り上げたトランプ政権高官の大統領批判を「硬」とすれば、「軟」の代表格は、全米オープンで大坂なおみに敗れたセリーナ・ウィリアムズの猛抗議だろうか。このニュースから meltdown を取り上げたい。

続きを読む


nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:資格・学び

lodestar「道しるべの星」~ トランプを批判した政府高官は誰だ? [アメリカ政治]

前回触れたように、トランプ政権の高官が匿名で大統領批判を「ニューヨーク・タイムズ」紙に寄稿して騒ぎになっている。ホワイトハウスやマスメディアが筆者の正体探しを始めているが、ここで使われた lodestar という単語が脚光を浴びているようなので、メモしておきたい。

続きを読む


タグ:トランプ
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:資格・学び

end up in an orange jump suit「刑務所にブチ込まれる」(トランプの暴露本が出版へ) [アメリカ政治]

近く出版されるトランプ大統領の暴露本に描かれた内容が明らかになり、アメリカで話題を呼んでいる。著者は、このブログでも何度か取り上げたことがあるボブ・ウッドワード記者。ウォーターゲート事件をめぐる調査報道で当時のニクソン大統領を追い詰めて名を馳せたジャーナリストだ。

続きを読む


タグ:トランプ
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

on-screen husband「夫の役を演じた」(「アイ・ラブ・ルーシー」) [映画・ドラマと英語]

先日、インターネットラジオで英語の放送を自室に流して聞くとはなしに聞いていたら、"on-screen husband" という言葉が耳に飛び込んできた。映画やテレビでの「配役上の夫」を指しているとすぐにわかったが、on-screen はこういう風に使えるのか、と感心した。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

dial back, dial down「抑える」「トーンダウンする」 [辞書に載っていない表現]

前回 walk back 「撤回する」について書いたが、トランプ大統領にからんだ記事では、ちょっと似た dial back という表現もよく目にするので取り上げてみたい。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村← 参加中です
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...