So-net無料ブログ作成

my way or the highway 「イヤなら出ていけ!」 (トランプ、ボルトン補佐官を解任) [辞書に載っていない表現]

トランプ政権の中で強硬派として知られるボルトン補佐官が突然解任された。それを伝える記事を読んでいたら、his way or the highway という表現が目にとまったので、取り上げてみよう。

BBCニュースのウェブサイトにあった記事である。大統領ではなく、ボルトン氏の”独善”ぶりについて使われたものだ。

- A White House official told the BBC's US partner, CBS News, "Bolton has his priorities. He didn't ask the president 'What are your priorities?' They're Bolton's priorities."

A former senior administration official told CBS Mr Bolton's "his way or the highway" approach had infuriated many people inside the White House, including the president.
("John Bolton: Trump's national security adviser is out" BBC September 10, 2019)

文脈から、「自己中心的な」とか「自分以外の考えを認めない」という意味ではなかろうかと想像したが、手持ちの辞書はもちろん英語圏のオンライン辞書を見てもなかなか見つからない。

わずかな例外は、いずれも見出しとしては my way or the highway という形で載せていた。

- (American English, informal) used to say that somebody else has either to agree with your opinion or to leave:
Right now there is only one rule here. It’s my way or the highway.
(Farlex Partner Idioms Dictionary)

- The attitude of believing that one is always right and that anyone who doesn't agree has no business dealing with you.
My boss seems to believe in my way or highway. He micromanages everyone and fires anyone who disagrees with him about anything.
(Urban Dictionary)

つまり、「オレの言うことが聞けないなら出ていって構わない」「従うのか従わないのか、ふたつにひとつだ」ということになる。先のBBCは形容詞的に使っている例といえるが、ハイフンでつないだ my-way-or-the-highway として、

- His my-way-or-the-highway attitude doesn't fit U.S. foreign-policy concerns or domestic issues.
(Wiktionary)

さらに、英語版 Wikipedia にも項目があった。冒頭を引用しよう。

- My way or the highway is a predominantly American idiom that dates back to the 1970s. It suggests an ultimatum like "take it or leave it", which indicates that the listener(s) (who are typically not in a position to challenge the options, e.g. employees or those lacking money) must totally accept the speaker's decision or suffer negative consequences such as being fired, asked to leave, or receive nothing. It may sometimes be seen with other pronouns, for example, her way or the highway.
https://en.wikipedia.org/wiki/My_way_or_the_highway

たいていは強い立場にある者が弱い立場にある者に対して使うということは、一種の恫喝ともいえそうな言い回しである。

ただ上記の辞書や Wikipedia には、由来が書かれていない。1970年代にさかのぼる、とは書かれているが、どのようなきっかけでこのような表現が生まれたのか。highway は my way の音にひっかけたものだろう、ということは容易に想像がつくのだが。

そう思いながら、さらにウェブ情報を調べたら、次のような記述があった。こちらは60年代に生まれたと書いている。

- My way or the highway is an idiom that originated in the United States in the 1960s. (中略)

The image is of one either conforming to expectations or driving away down the highway. (中略)

The earliest known users of the idiom my way or the highway are American football coaches, such as Vince Lombardi and Bill Parcells.
https://grammarist.com/idiom/my-way-or-the-highway/

あれ、単語の韻を踏んだというより、「車に乗って立ち去る」「車が道路を走り去っていく」というイメージ、ということなのか。何となく解せない。

なお、英語の highway は、日本語の「ハイウェイ」つまり高速道路ではなく、街と街とをつなぐ「幹線道路」を指す、とはよく指摘されることである。

ところで、マスメディアの中には、ホルトン補佐官を大統領の強硬路線の象徴として、あるいはトランプの alter ego であるかのように書いていたところもあったように思うが、辞めさせられると、今度は「その強硬路線がトランプの不興を買った」などと報じられている。

トランプの言動がクルクル変わるのは確かだろうが、こちらも単純なレッテル貼りに引きずられないように注意する必要もあるのではないかと思ってしまった。


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村←参加中です

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村← 参加中です
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...