SSブログ
前の25件 | -

infra dig 「みっともない」「沽券にかかわる」 [ラテン語・外来語]

前回引用した、過去形と過去分詞の使用についての「ニューヨーク・タイムズ」紙の記事から、infra dig という表現を紹介したい。辞書には「体面にかかわる」「品格を下げる」といった訳語が載っている。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

"I have sang" ・・・過去分詞の代わりに過去形の使用が増えているらしい [英語のトリビア]

完了形では動詞の過去分詞を使い、過去形にすれば試験でバツを食らう。当たり前のことだと思いきや、こうした使い方が英語のネイティブの間に見られるようになっている。そんな興味深い記事が先日の「ニューヨーク・タイムズ」紙に載っていた。

続きを読む


タグ:文法・語法
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

high-water mark 「最高潮」「絶頂」(オリヴィア・ニュートン=ジョン死去) [音楽と英語]

オリヴィア・ニュートン=ジョンが亡くなった。同じ日に三宅一生の訃報も伝えられ海外のメディアが大きく扱っていたので、世界的に活躍した同胞の逝去を悼むべきなのかもしれないが、ファッションとは無縁の私だけに、オリヴィアの死の方が衝撃だったというのが正直なところだ。

続きを読む


タグ:訃報
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

This conversation never took place. 「ここだけの話」「他言無用」 [単語・表現]

今回もアメリカのTVドラマで使われていた言い回しについて短く取り上げよう。いくつかある「内緒の話」「他人には言わないで」という表現の一つと言えるが、使われる単語自体はごく平易ながら、日本語であまり見られない発想のようなのがおもしろい。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

Timbuktu 「はるか遠くの場所」「最果ての地」 [固有名詞にちなむ表現]

週末に観たアメリカのTVドラマ「刑事コロンボ」に、アフリカ・マリ中部の町ティンブクトゥ Timbuktu の名前を使ったおもしろい表現が出てきた。「遠隔の地」という比喩的な意味で使われている。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

platform 「意見を発表する機会」 [単語・表現]

前回取り上げた bully pulpit に出てくる pulpit 「演壇」をなじみのある単語で言いかえれば platform になるだろう。この単語も前回の表現に似て、比喩的に「発言の機会」「意見表明の機会」という意味で使うことができるので、短く触れておきたい。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

bully pulpit 「権力の座」 [ニュースと英語]

アメリカの大統領について bully pulpit という言葉を目にしたことがあるが、銃撃され死亡した安倍元総理について取り上げた「タイム」誌のオンライン記事にも出てきた。別に大統領に限って使うということではないらしい。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

draconian 「情け容赦のない」 [固有名詞にちなむ表現]

コロナ禍で目にする機会が増えたと感じる英単語が draconian である。すでにこのブログで書いたように思っていたが、見直したら違ったので取り上げてみたい。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

lick your wounds 「痛手から立ち直ろうとする」「再起を図る」 [読書と英語]

前回の lick からの連想で、lick one's wounds という表現を取り上げよう。文字通りには「傷をなめる」だが、イディオムとしてはさらにその先の状態を指して使われる。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

lick 「打ち負かす」「やっつける」 [ニュースと英語]

lick は「なめる」として覚えた人が多いと思うが、このほか「打つ、なぐる」とか「負かす、打ち勝つ」というハードな意味もあるのがおもしろい。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

スヌーピーと"小説のマズい書き出し" (reverse-engineer) [英語文化のトリビア]

多忙続きで英語との接触もままならない状態なので、学習ノートにメモしていた reverse-engineer という言葉を紹介して久しぶりの更新とするが、その関連で偶然にも前回も取り上げたマンガ「ピーナッツ」にかかわるトリビアを知ったので、あわせて書いてみたい。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

without tears 「難なく」「やすやすと」(マンガ「ピーナッツ」より) [読書と英語]

少し前の新聞に掲載されていたマンガ「ピーナッツ」で目にとまった without tears についてメモしておきたい。辞書を見たら、意外とこの表現が載っていなかったからでもある。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

「おくのほそ道」の「平泉」の英訳を比べてみた [日本の文化]

前回、芭蕉の「五月雨の~」の英訳を題材に spare について書いた流れで、この句が載っている「おくのほそ道」の章を英訳で読んだところ、ちょっとおもしろいことに気づいたのでメモしておきたい。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

動詞 spare と芭蕉の「五月雨の降りのこしてや光堂」の英訳 [日本の文化]

アメリカ人翻訳家による芭蕉の俳句英訳書を読んでいたら、日本人にはわかりづらいと思われる動詞 spare を使って俳聖の名句が英語にされていたので、ちょっとメモしておきたい。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

cold call 「勧誘電話」「飛び込みのセールス訪問」 [単語・表現]

前々回の cold case から cold つながりで、cold call という表現を取り上げたい。「売り込みのための勧誘電話」ということで、この場合の cold は「前置きのない」といったような意味に取ればよさそうだ。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

police blotter 「警察の事件記録簿」 [単語・表現]

前回の cold case が犯罪・事件がらみの言葉だった流れで、police blotter という表現を取り上げたい。発生した事件など毎日の出来事を綴る警察署の記録簿を指す。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

cold case 「未解決事件」「迷宮入りの犯罪」 [ニュースと英語]

悲劇の少女アンネ・フランクをめぐるニュース記事を読んでいたら cold case という表現が使われていたので、取り上げてみたい。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

there is a lot to be said for ~「良いところがたくさんある」 [単語・表現]

自分の学習ノートには前回取り上げた kudos に続いて there is a lot to be said for ~ という表現がメモしてあったので、ついでに短く書いてみたい。for に続く事物に、長所や利点といった”良いこと”がたくさんある、という意味である。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

kudos 「よくやった!」「でかした!」 [単語・表現]

前回取り上げた a feather in someone's cap からの類推で kudos という名詞を取り上げたい。「称賛」「名声」「栄誉」という意味だが、「よくやった、すごいぞ!」とほめる時に使われることもある。最後の -s は複数ではなく、もともとこのように綴る。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

a feather in your cap 「お手柄」「自慢の種」(刑事コロンボ「殺人処方箋」) [刑事コロンボ]

週末に見たアメリカのテレビドラマに a feather in someone's cap という表現が出てきた。文字通りには帽子についた羽根ということになるだろうが、これで「誇りになるもの」「功績」「名誉」という意味がある。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

pummel 「バシバシたたく」「ぶん殴る」(ウクライナへのロシアの攻撃続く) [ニュースと英語]

ウクライナ関連の記事から pummel という単語を取り上げたい。「ゲンコツで何度も繰り返し殴る」という意味で、ロシア軍の容赦ない攻撃について比喩的に使われている実例を目にした。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

bald 「(タイヤが)すり減ってツルツルの」(刑事コロンボ「5時30分の目撃者」) [注意したい単語・意外な意味]

今回も基礎的な単語のちょっとおもしろい意味を取り上げたい。bald は、車のタイヤについて使うと「溝が摩耗した」「すり減った」「つるつるの」ということを指す。自分の学習ノートに、アメリカのTVドラマで拾った実例をメモしていた。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

favorite 「優勝候補」「本命」 (ドーピング問題のワリエワ選手、メダル逃す) [注意したい単語・意外な意味]

基礎的な単語ながら favorite は意外と曲者である。まず、形容詞の場合は前に most はつけない。これ自体に最上級の意味があるからだ。だから「最も好きな」といった訳語で覚えるべきだろう。もっとも実際には、ネイティブでも most をつける人がいるようだ。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

「歴史は繰り返さないが、韻を踏む」という名言の真相 [名言・ことわざ]

前回 casus belli という表現を取り上げた際、何の気なしに「歴史は繰り返す」と書いたが、それで連想したのが “History doesn’t repeat itself, but it rhymes.” という言葉である。アメリカの作家マーク・トウェインが言ったとされる。

続きを読む


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:資格・学び

casus belli 「開戦のきっかけとなる出来事」 [ラテン語・外来語]

今回も自分の学習ノートにメモしていた実例から、casus belli という言葉を取り上げたい。前回の表現に出てきた fighting から連想したもので、「戦争を始める理由となる出来事」「開戦を正当化する事件」を指す。

続きを読む


タグ:国際問題
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び
前の25件 | -
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村← 参加中です
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...