So-net無料ブログ作成
ニュースと英語 ブログトップ
前の30件 | -

proportionate 「釣り合った」「見合う」 [ニュースと英語]

「トランプ大統領の英語はやさしく、中学生レベルだ」という声がある。確かにわかりやすい言葉が多いといえそうだが、だからといって難しめの単語をまったく使わないわけではない。先日、イラン情勢をめぐるNBCテレビでのインタビューには、そうした言葉が出てきた。

続きを読む


タグ:トランプ
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

「女性をモノとして見る」 objectify women, sexualize [ニュースと英語]

前回、アジアの某航空会社が売春ツアーと受け取られかねない宣伝を出して批判を浴びたというニュースを取り上げたが、その中に objectification of women という言葉が出てきたので、こちらにも触れておきたい。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

dog whistle 「隠されたメッセージ」+ get off の恐ろしい意味 [ニュースと英語]

人間には聞こえない音を使って犬を呼ぶ笛に由来する dog whistle はイディオム集か何かの本で知ったが、これまで印象に残る実例に接したことがなかった。しかしウェブの記事を読んでいたら、この表現が使われた興味深いニュースがあった。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

広い範囲で雪 (swath) [ニュースと英語]

日本では週末にかけて各地で雪となった。欧米では先月から大雪のニュースが伝えられている。そうした英文記事でよく目にするのが a swath of... という表現である。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

vote with one's wallet 「買うか買わないかによって好き嫌いを示す」 [ニュースと英語]

英誌「エコノミスト」の最新号をパラパラめくっていたら、「アップルにとっての悪い知らせは人間社会にとって良い知らせ」という面白いタイトルが目にとまった。その記事から vote with one's wallet という表現をメモしておこう。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

swing 「(政治家の)あわただしい遊説行脚」 [ニュースと英語]

前回取り上げた whistle-stop campaign [tour] から swing という単語を連想したので、ついでに触れておきたい。短期間にあちこちを回る周遊旅行のことだが、政治家の遊説によく使われるようだ。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

meltdown ~ セリーナ・ウィリアムズ選手がブチ切れる [ニュースと英語]

先週末からアメリカを賑わせた話題のうち、前回取り上げたトランプ政権高官の大統領批判を「硬」とすれば、「軟」の代表格は、全米オープンで大坂なおみに敗れたセリーナ・ウィリアムズの猛抗議だろうか。このニュースから meltdown を取り上げたい。

続きを読む


nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:資格・学び

トランプ大統領の’言いまつがい’で「二重否定」に脚光 [ニュースと英語]

先の米ロ首脳会談をめぐりトランプ大統領が批判を浴びていることにからんで前回 Kompromat という単語を紹介したが、今回あわせて話題となったのは、「二重否定の使い方を間違えた」というトランプの弁明だ。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

in the dying moments 「試合終了間際」(サッカー日本代表、16強入りも大ブーイング) [ニュースと英語]

西野監督が会見で「不本意な選択」「他力に頼った」と認めたポーランド戦終盤での時間稼ぎは、会場の大ブーイングを浴びた。決勝トーナメント進出のために仕方なかったのだろうが、私も見ていてやはり残念だった。

続きを読む


nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:資格・学び

on the cusp of 「移行期にある」「~しようとしている」 (トランプ、イラン核合意から離脱表明) [ニュースと英語]

今回は久しぶりにニュースの英語から。子どもにもわかるようなやさしい言葉を使うといわれるトランプ大統領だが、きょう行ったイラン核合意からの離脱表明には、やや難しげな on the cusp of という表現が出てきた。

続きを読む


タグ:トランプ
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

tell-all, exposé 「すっぱ抜き」「暴露もの」 (トランプの暴露本が話題に) [ニュースと英語]

トランプ政権の暴露本が出版され、あっという間に売り切れとなって話題を呼んだ。これについて報じる英文記事を読んでいて目につくのが tell-all exposé という単語だ。

続きを読む


タグ:トランプ
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

感動的だったサーロー節子さんのノーベル平和賞授賞式演説 [ニュースと英語]

師走を迎えて公私ともに慌ただしく英語学習も疎かになっているが、先日行われたノーベル平和賞授賞式についての記事を読み、被爆者の Setsuko Thurlow さんが行った演説に興味を抱いた。そしてウェブの動画を視聴したところ、思わず涙腺が緩んでしまった。

続きを読む


タグ:ヒロシマ
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

「わずか20秒の列車早発で謝罪」の海外報道に思うこと [ニュースと英語]

先週ある鉄道会社が、定刻より20秒早く列車が発車したことを謝罪したところ、外国メディアが驚きをもって伝え、それを日本のメディアが「海外で話題になっている」と”逆輸入”して報じた。関連する記事をいくつか読んだが、見過ごされたのではと感じたことがあるので、少し書いてみたい。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

bump stock 「バンプストック、銃の連射装置」 (ラスベガスで銃乱射事件) [ニュースと英語]

ある出来事をきっかけに、それまでまったく知らなかった単語に出会うことがある。先週起きたアメリカ史上最悪の銃乱射事件でひんぱんに目にするようになった bump stock も私にとってそんな一例だ。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

「ロケットマン」とは何か? (トランプ、国連で北朝鮮を非難) [ニュースと英語]

トランプ大統領が国連の演説で北朝鮮のキム・ジョンウン委員長を「ロケットマン」と呼んだことが話題となったが、以前、北のミサイルにからんで rocket man が使われた実例をこのブログで書いたことがあり、トランプ氏が最初ではないはずだ。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

stand tall 「堂々としている」「毅然とした態度を取る」 [ニュースと英語]

前回はトランプ大統領によるコミーFBI長官の解任劇を素材に、「目立ちたがり屋」を意味する showboat と grandstander を取り上げたが、そのコミー氏、身長が2メートル以上あるそうだ。関連記事を読んでいたら、その巨漢ぶりにひっかけたと思われる表現を目にした。

続きを読む


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

showboat, grandstander 「目立ちたがり屋、スタンドプレーヤー」 [ニュースと英語]

トランプ大統領がFBIのコミー長官を突然クビにしたことが騒ぎとなっている。大統領は、「長官は目立ちたがり屋で、前から解任しようと思っていた」と説明している。英語学習の面では、showboatgrandstander という単語を印象深く覚えるのに役立ちそうな発言だ。

続きを読む


タグ:トランプ
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

flat top 「航空母艦」「角刈り」 (北朝鮮情勢をめぐり緊張高まる) [ニュースと英語]

北朝鮮が再度の核実験やミサイル発射を行うのではとの見方が出る中、アメリカは空母の艦隊を派遣して緊張が高まっている。英語の面で(無理やりではあるが)双方に関係づけることができる単語として頭に浮かんだのが flattop だ。

てっぺんが平らな、ということだが、「航空母艦」、および「角刈り」を意味し、後者はキム・ジョンウンの独特のヘアスタイルに使っていた例がある。

続きを読む


タグ:国際問題
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

トランプ大統領に通じなかった安倍首相の "Look at me." [ニュースと英語]

日米首脳会談は、トランプ大統領が無理難題を持ち出すこともなく(今後いろいろ具体的要求を出してくるのだろうと思うが)、まずは成功という印象を内外に与えたようである。週末のTVニュースを見ていたら、安倍総理とのやり取りでちょっとおもしろいシーンがあったので書いておきたい。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

マティス国防長官のあだ名 mad dog は「狂犬」でいいのか? [ニュースと英語]

トランプ政権の閣僚が初来日する。そのマティス国防長官については、大統領が発表時に紹介した "Mad Dog" に度肝を抜かれたのか、日本のマスコミも「狂犬」というニックネームをこぞって使っている。しかしプロフィールなどを読んだら、はたして「狂犬」ととらえていいのだろうか、と疑問に思った。

続きを読む


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

wobble 「ふらつく」「よろめく」 (太陽系に最も近い地球型惑星を発見) [ニュースと英語]

太陽系に最も近い恒星プロキシマ・ケンタウリに、地球型の惑星があることが確認された。文系の私だが、宇宙関係の話題は興味があるのでこれまで何度か取り上げており、今回もこのニュースの記事から wobble という単語を学ぶことにしよう。科学ネタなら難しい言葉かと思われるかもしれないが、後述するように日常生活でも便利に使えそうなのだ。

続きを読む


タグ:科学・技術
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

イギリスが “国連脱退” !? (Foxニュースが Brexit で誤報) [ニュースと英語]

「イギリスのEU離脱」にはあっと驚いた。事前の世論調査はどうあれ、最終的には Brexit 賛成が過半数を占めることなどあるまい、と思い込んでいたので、なおさらだ。門外漢の私が言えるのはそれに尽きるので、ここではアメリカのテレビ局Foxニュースがやらかした、あっと驚く間違いをサイドストーリーとして紹介しよう。

続きを読む


タグ:国際問題
nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

exoplanet 「太陽系外惑星」 (地球に似た惑星がさらに見つかる) [ニュースと英語]

文系人間だが宇宙がらみの話が好きなので、「新たに1,200個以上の太陽系外惑星を確認した」とNASAが発表したというニュースに接して、さっそく英文の記事を探して読んだ。そこから exoplanet という単語を取り上げてみよう。

次の例は、AP通信の記事にあったものである

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

テロとヘミングウェイの「氷山の理論」 (iceberg theory) [ニュースと英語]

またもテロが起きた。先日のイスタンブール、そして今回のブリュッセル、どちらも過去に訪れた際の記憶から「現場近辺を通ったことがあるはず」と思っただけに、驚きもひとしおである。

今回の事件についてウェブで読んでいたら、"iceberg theory of terror plots" 「テロ計画の氷山理論」という言葉が出てきたので、興味を持った。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

jiggle like Jell-O 「ゼリー菓子のようにぷるぷる動く」 (重力波の初観測に成功) [ニュースと英語]

科学系の大ニュースは一般の人にはチンプンカンプンなことが多い。そこでマスメディアあるいは当の科学者自身が、腕をふるってわかりやすい説明につとめることがある。新聞の一面トップで報じられた「アインシュタインが予言した重力波の初観測」をめぐっては、そんな英文記事をいくつか読むことができて面白かった。

続きを読む


タグ:科学・技術
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

census 「全体数の調査」 (続々・“第9惑星”が存在か?) [ニュースと英語]

「第9惑星が存在するかもしれない」という研究を報じる英文記事から、おまけ的に短くもうひとつ書くことにする。私は基本単語の census に出会った際、「人口調査」「国勢調査」と一対一対応の訳語で覚えたが、もう少し広い意味で使うことができる。

続きを読む


タグ:科学・技術
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

jaw hits the floor 「あごがはずれるほど驚く」 (“第9惑星”が存在か?) [ニュースと英語]

冥王星が惑星から準惑星に格下げされて話題となったのは10年前、このブログを始めて間もない頃で、私も何度か取り上げた。このほど、ホンモノの第9惑星が存在するかもしれないとの研究が報じられ、ワクワクしながら英文記事をいくつか読んでみた。

未発見のうえ夢のある話とあってか、専門的な難しい書き方ではなく、親しみやすく記述した記事が目立ち、読み比べるのがおもしろかった。その中ではロイター通信の記事はどちらかといえば淡々としたスタイルとの感じがしたが、使われていた my jaw hit the floor. という表現が目を引いたので、取り上げてみたい。

続きを読む


タグ:科学・技術
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

Brexit, Grexit 「イギリスのEU離脱」「ギリシャのユーロ圏離脱」 [ニュースと英語]

辞書のオックスフォード社が「今年の単語」に emoji (絵文字)を選んだことについて前回書いたが、そのサイトには、候補となった他の単語が The Word of the Year shortlist としてあげられている。そのひとつ Brexit を、Grexit という単語とあわせて短く取り上げてみたい。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

viewer (reader) discretion is advised 「ご覧になる前にお気をつけください」 (シリア難民の風刺画に賛否) [ニュースと英語]

シリアから逃れようとして果たせず、遺体となって浜辺に漂着した子どもの写真は、難民問題の悲惨さを世界中に訴えるものとなったが、かの「シャルリ・エブド」誌がこの子どもに材を取った風刺画を掲載し、賛否を呼んでいるという。

それを伝える記事をいくつか読んでいたら、reader discretion advised という注意書きが出てきた。viewer discretion (is) advised という表現があるが、その変形となっているわけである。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

stylized "T" 「Tの字をかたどった」「Tをイメージした」 (東京五輪エンブレム取り下げ) [ニュースと英語]

先日もちょっと触れたが、東京オリンピックのエンブレムが取り下げとなったニュースは、海外のメディアでもそれなりの扱いを受けていたようだ。関連の英文記事をいくつかネットで読んでみたが、そこから stylize という単語について書いてみたい。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び
前の30件 | - ニュースと英語 ブログトップ
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村← 参加中です
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...