SSブログ

panopticon 「一元的な社会監視システム」 [辞書に載っていない表現]

潜在意識とは不思議なもので、英語に触れ続けていると、意図的に記憶はしていないのに「あれ?この単語、前にどこかで見たことがあるな」という経験をすることがある。そうした形で最近覚えた panopticon についてメモしておこう。

続きを読む


nice!(2)  コメント(6) 

stigmatize 「汚名を着せる」「非難する」(新型コロナウイルスの感染が拡大) [ニュースと英語]

新型コロナウイルスに関連する記事を読んでいたら stigmatize という単語が出てきて、「なるほどこういう感じで使えるのか」と思ったので取り上げてみたい。

これまで何度か書いたが、「理解できる単語であれ、自分で使える言葉であれ、ボキャブラリーは多ければ多いほど良く、その増強のための方法は問わない」というのが私の持論だ。だから単語集の利用も良いが、やはり実際に使われた例に触れて強い印象を受けると定着度も高いと思う。今回はその例といえそうだ。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

a bank of elevators 「エレベーターの並び」 [注意したい単語・意外な意味]

前回は flight が「ひと続きの階段」を指すことについて書いたが、その連想で、bank のちょっと意外な意味について短く触れておきたい。この単語は「銀行」や「土手」のほか、モノの「列」「並び」としても使えるのだ。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

a flight of stairs 「(階の間の)ひと続きの階段」 [注意したい単語・意外な意味]

今回も、簡単そうでいて意外な意味を持つ単語について書く。flight は「飛ぶこと」「飛行」だが、階段にも使うことができる。上り下りする動作からの連想に由来するのだろうか。

階段といっても個々の段のことではなく、ある階から次の階までの、一段一段が途切れなく続いてまとまっている部分を指す。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 

noodle 「あれこれ考える」「楽器をかき鳴らす」 [注意したい単語・意外な意味]

今回も、本の整理・処分をしていて目にとまった古いペーパーバックから単語をひとつメモしておきたい。noodle には「ヌードル、麺類、パスタ」のほかに、動詞として「アイディアを探る」というような意味もあるのがおもしろい。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村← 参加中です
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...